理不尽な病 ~アルコール依存症の夫と暮らして~

アメリカ人の夫との結婚生活15年。夫のアルコールの問題に悩まされて10年。アルコール依存症だと認識して約8年。健やかなる時も病める時も、死が二人を分かつまで、私はこうして地獄に付き合わなければならないのだろうか…? 遠い日本の親にも友達にも言えないこの苦しみを、どうかここで吐き出させて下さい。(2018年5月)

親愛なるアルコール依存症の夫へ

あなたがこの病気になってから、辛く、苦しいことが沢山ありました。

あなたへの信用を失い、あなたを酷く憎み、あなたが時折くれた小さな希望に喜び、あなたの嘘に失望し、あなたの行動に何度も泣き、そうやって、まるでジェットコースターにでも乗っているかのような、アップダウンの激しい壮絶な日々が過ぎて行きました。

 

でも、きっとこれが私達夫婦の形なのでしょう。

 

平穏で普通の暮らしではないけれど、こうやって夫と共に病気と闘い、この非日常的な毎日を懸命に生きていることは、恐らく、普通に幸せで何の問題もない夫婦達以上に夫婦関係は濃く、特別な絆がそこにあると思っている。これは私達夫婦に限らず、「アルコール依存症の配偶者に苦しめられ、振り回されながらも愛を持ってこの病気と闘っている他の夫婦達」にも言えることだと思う。

 

でも、夫婦の形は皆違っていいし、自分が無理ならその配偶者を見捨て、自由になっていいのです。そして、自分の幸せを優先していいのです。

 

私にとっては、別居や離婚することは私の幸せではなかった。

私も娘も犬達も、あんな夫・父親でもずっと大切に想っているし、不完全ながらも家族として皆で一緒に暮らし、今、それなりに幸せだと思っている。

 

それでも、今後のことはどうなるか分からないし、もしかしたら望んでいない結果に終わってしまうかも知れない。

でも、今日のこの瞬間、私は、夫と一緒にいられて良かった。

周りに理解はされないかも知れないけれど、夫を支え、夫と一緒に、夫の病気と闘って来られて良かった。

 

私達は夫婦であり、同志であり、また戦友でもあり、泣いたり笑ったり怒ったり、そんな風にこの難しい病気に向き合い、様々な時間と感情を共有できたことは、夫婦として幸せなことだと思っている。それをそういう風に思えなくなった夫婦達は、それはそれでいいと思うし、その夫婦達にしか分からないこともあるだろう。アルコール依存症の夫(または妻)を持つ夫婦なら尚更、本当の事情は当人達にしか分からないのだ。

 

そして、夫と苦楽を共にし、一緒に涙を流し、励まし合い、こうやって苦難を乗り越えられつつある状況になった今、やっとこの病気からの回復に向けて、少し前進し始めているような気がしている。

 

ふとした瞬間、夫を想うと、今でも涙が出て来る。何だかんだとお互い文句を言いながらも、私達が出会ってから、もう18年の付き合いになる。共依存だと言われてしまえばそうなのかも知れない。でも、性格が真逆の私達は、お互いの負を補い合いながら、二人でやっと一つなのだと思っている。

 

夫の病気と向き合うことはとても大変だけれども、私はこれからの人生も、緩やかではあるが回復しつつあり、生涯断酒という困難な目標に向かって頑張っている、【回復しても、尚、生涯アルコール依存症】という重い十字架を背負ったこの夫と、共に病気と闘い、励まし合いながら、これからも一緒に生きていきたいと思っている。

 

それが、アルコール依存症になってしまった夫に伝えたい、私の「今」の夫への想いである。

 

 

f:id:MrsHope:20190523041646j:plain