理不尽な病 ~アルコール依存症の夫と暮らして~

アメリカ人の夫との結婚生活15年。夫のアルコールの問題に悩まされて10年。アルコール依存症だと認識して約8年。健やかなる時も病める時も、死が二人を分かつまで、私はこうして地獄に付き合わなければならないのだろうか…? 遠い日本の親にも友達にも言えないこの苦しみを、どうかここで吐き出させて下さい。(2018年5月)

病と共に生きる

夏のある日、夫は突然、将来の不安を口にして震えた。

不安とストレスがあると再飲酒してしまうのだと、夫は酷く動揺した。

そして、「今までずっと自分に必要だったものは、AAでも断酒補助薬でもなく、不安を和らげることだったんだ。Anxietyの薬を飲めば不安もなくなり、再飲酒しなくなるかも知れない。」と言い出し、それでAnxietyの薬を飲み始めたのだ。

 

こういうことも、専門家に診てもらってさえいれば、もっと早く気付けたかも知れないのに、とにかくそんな夫の頑固な性格がジャマをして、なかなか回復への道は険しい。

 

以前、夫がまだ働いていた頃に飲んでいた Anxiety の薬は、ある時から夫は勝手に飲むことをやめてしまったのだが、あのまま飲み続けてくれていれば、夫の飲酒は加速せず、もしかしたら今でも頑張って働いてくれていたかも知れない。

 

やり直す機会はいくらでもあったのに、夫はそれを無駄にしてきた。

人の意見を聞き、それを素直に受け入れ、もっと謙虚に自分の病気と向き合ってくれていたなら、夫はこうはなってはいなかったと思う。

それに振り回される家族は堪ったものではないし、こんな苦労はしなくていいのかも知れないが、いつか夫と一緒にこの困難を乗り越えることができたら、そこに本当の幸せがあるような気がしている。

 

今回夫は、以前飲むのをやめてしまった薬とは別の薬を処方してもらっている。

一見頑固で男の強さの塊に見える夫ではあるが、内面は実は繊細で、女性的な面がある。

私自身も繊細なのだが、それでも私はイザという時のメンタルは強く、内面は男性的なんだろうなと思っている。アルコール依存症の夫にあれだけ振り回されながらも、未だにめげずにこうして一緒にいることを考えると、メンタルが弱くてはやってはいけなかっただろう。いや、夫のあの理不尽な病と日々奮闘し、メンタルが鍛えられたからこそ、私も強く成長できたということなのだろうか。そういう意味では、「こういう苦境を与えてくれた夫の病」に対応していくことは、私の今までの人生の中での、最大の試練だったと思う。

 

重度のアルコール依存症の夫は、精神的な病にも冒されている。

そしてこれから先もずっと、これらの精神疾患と共に生きて行かなければならないだろう。

夫の社会復帰への道がまた遠くなってしまったようで、もう、先のことは何も考えられないが、焦らず、ゆっくりとでも、ただ、夫に良くなっていって欲しいと心から願っている。

 

 

f:id:MrsHope:20191121064537j:plain

 

a "Piece of My Wish"

毎日が穏やかに過ぎている。

今の状況を受け入れ、

夫は闘病中で回復中なのだと、

それを静かに見守るのが私の役目なのだと、

そんな風に思っている。

 

夫に必要だったものは、きっとこんな時間だったんだ。

 

だから周りの人達には夫の批判ではなく、

離婚の勧めでもなく、

腫れ物に触るようにでもなく、

 

夫に対して、

私に対して、

 

「よく頑張ってるね」

 

と、そう言ってもらえたら、勇気づけられて嬉しくなる。

 

 

f:id:MrsHope:20191118000651j:plain

 

穏やかな日々

精神疾患がある人というのは、性格が気難しくなるものなのかも知れない。

夫を見ていると、そんな気がして来た。

心の不健康さは、きっといろいろなところに悪影響を及ぼすのだろう。

反対に、心が健康だと、それが性格にも優しく現れる。

 

Anxietyの薬を飲み始めた夫は、ギスギスしたところがなくなり、穏やかになってきた。

前のようにアルコールに溺れることもなく、健康に過ごしている。

 

最近の夫は、毎日犬達を州立公園等に連れて行き、犬達と一緒に森や湖の畔を散歩している。

週末になるとこれに私が加わり、夫婦二人と犬達とで、まるで老夫婦のようなデートをしている。

 

夫は家や庭の手入れを率先して行い、家事もやってくれている。

夫の作る料理はどれも美味しく、私はのんびりさせてもらっている。

 

夫が娘の勉強を見てくれた時には、こんな「普通の親子」のような姿が見られるなんて・・・と、しみじみとしてしまい、涙が出そうになってしまった。

 

こんな小さな幸せが、大切に思えてくる。

多くを失って見えて来たものは、心と体の健康のありがたみと、普通である幸せ。

 

私達の生活の中にアルコールがないだけで、こんなに幸せを感じられるんだ。

 

 

夫が心と体の健康を取り戻してくれたら、また、夫は頑張って一からやり直してくれるような気がしている。

そんな前向きな気持ちを胸に、でも多くは望まないよう、期待などしないよう、今日も私はまったりと “Let it be”などを聴いている。

 

 

f:id:MrsHope:20191116055354j:plain